2010年08月20日

対立から和解?へ 驚く人も多いかも?

今回は、

久しぶりに前置詞について考えてみたいと思います。

コレまで紹介してきた教材で取り上げられている

前置詞

with

についてです。

「with」というと、

まず、

「〜と一緒に」とか「同伴」

という意味を思い浮かべる人が多いかと思います。


実は、

この「with」

語源は、むしろ

そのイメージとは逆の

「対立」

という意味だったのです。

今でも対立の意味で用いられることもあり、

「fight with〜」
「〜と戦う」

というような用いられ方をします。

それではなぜ、

もともとの「対立」の意味から

「同伴」などといった意味合いが生じたのか


ということを考えてみます。

この教材にも、


英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法(ダウンロード版)


もちろん「with」について説明がありますが、


私なりの理屈みたいなものを考えましたので、

書いてみます。

対立している相手との関係を表す状況、

が、

共に一緒にいる、という関係を表すようになるのか、

ということで、

囲碁や将棋、海外ではチェス、

その対戦相手との関係を考えました。

I played chess with him.
私は彼とチェスを対戦した。

もちろんチェスは対戦するという状況の
一例ですが、

対戦している状況、というのは、
常にその対戦相手と一緒にいる状況、
ということになります。

まず「対立」というのは下図のようなイメージです。
ヘタな図でスミマセン。

with始.jpg

それが、
こういうイメージになります。
再びヘタな図でスミマセン

with.jpg

この考察には、

以下の書籍も参考にしました。

西谷昇二「総合英語’93」代々木ゼミナールテキストp313

posted by 英究人 at 15:04| 学習経過(前置詞の研究) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。