2010年06月03日

「受動態」に関するこんな疑問 やっぱり目のつけどころが違う 

引き続き、

この教材

「英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法」

↓ ↓ ↓


英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法(ダウンロード版)

の中の

「前置詞」についての説明のところの

学習経過を書いていこうと思ったのですが、

その前置詞の説明の中で、

目を引く説明がありました。

それは、

前置詞「by」についての説明のところです。

この「by」というのは、

「受動態」で使われる前置詞ですね。

「〜に」「〜によって」で「by〜」です。


ところで、

受動態では、この前置詞「by」が、

なぜ使われるのか?


ということを

あなたは考えたことがありますか。


受動態について、

「by」以下が省略される文
(これは教材テキストの例文の部分でも
詳しい説明があります)

とか、

受動態でも、
「by」以外の助動詞を使うケース、
(人によっては、これは受動態と見なさない、
という見方もあるそうですが)

という説明は、

よく見たことはあるのですが、

では、

そもそも、

受動態では通例、

なぜ「by」が使われているのか、

という説明は見たことはありませんでした。


この教材の著者の先生は、

教材の中で、

英語の学習に関し、

いろいろ驚かせることを言っている、

というのは、

これまで、ご紹介してきた通りですが、

これも、

違う(といっても普通気付きそうだけど気付かない)

視点を持っているなぁ、

と感じた点です。


この点に関しても、

これまで同様、

考えていこうとは思いますが、

なぜか、を知りたいのなら、

まず、

この教材に触れてください。

コチラをクリックしてお申し込みください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法(ダウンロード版)






posted by 英究人 at 10:10| 学習経過 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。