2010年06月06日

イムさん?

この教材を購入し、

テキストだけではなく、

音声ファイルのほうも、

最初は意図することなかったのですが、

何度か聞くようになりました。


その中で、

気付いたことを

今日も、また一つ。

音声ファイルの中で、

発音されている例文の一つですが、

「ウィー エクテッド イム チェアマン」 

こういうふうに聞こえます。

「イム」?

「我々はイムさんを議長に選んだ」?

韓国の人で「林」で「イムさん」だったでしょうか。


もちろん、

そうではなく、

この「イム」は「ヒム」「him」なわけです。


つまり「him」のを発音していない、
ように聞こえる、

ということです。

それで

考えたいのは、

英語における「h」の発音についてです。

を発音しない、

ということでは、

完全に発音しない、

ということで、

よく知られているものがありますよね。

たとえば「honest」は「h」を発音しない、

それで「アネスト」になるから、

「a」も「an」になり、

「an honest man」となる、

みたいな。

実は、

冒頭の

「him」が「イム」と聞こえる、

というのは、

ずいぶん前、

「イングリッシュ・アドベンチャー」という英語教材
(挫折してしまいましたが)

に手をつけたとき、

気付いたことでしたが、忘れていました。

今回、

この教材の音声ファイルを聞いて、

思い出したワケです。


さて、

それでは、

なぜ英語ではを発音しないことがあるのか、

という問題になります。

今考えると、

当然の疑問なのですが、

学校でそういう質問をして、

答えてもらった、

という経験はありますか。

大学に入って、

フランス語の講義を取ったことがありますが、

フランス語では「h(アッシュ)」を発音しない、

というのを知りました。

「history」は「histoire(イストワール)」です。

それで、

フランス人が英語で

「I am hungry.(私はお腹が空いた)」

と言う時、

「アイ アム アングリー(私は怒っている)」

となって誤解されるときもあるのかな、

みたいなことを思ったことがありました。


それはさておき、

フランス語でを発音しない、

ということで、

英語でもを発音しないのは、

このフランス語の影響か、

と最初は思いました。

たしか歴史的に、

英語圏(イングランド)がフランス語圏の影響下にあった時も

あったとか聞くし、

と。

しかし、

調べてみると、英語でを発音しないのは、

このこととは関係ないようです。

それでは、どういうことか、

というと、

どうやら

ヨーロッパ言語はを発音しない傾向がある、

ということらしいです。

言語によって傾向が強い、弱い、がありますが、

先のフランス語の他、イタリア語、スペイン語
(俗ラテン語・ロマンス語系統と呼ばれる言語)

というのはは、ほとんど発音しないようです。


さて、

「him」を「イム」と発音する件に話を戻します。

これについて、

それじゃあ、もしかして、

「he」は「イー」、「his」は「イズ」

と発音することがあるのか?

ということで、

こちらの辞書



で調べてみたら、

ホント、そうなのだそうです。

弱い発音のときは、「イー」「イズ」「イム」という
発音もあるようです。

この教材は、

テキストのみならず、

音声ファイルを聞いても、

こういう、

気付くことが多いです。

たとえば母音の前の「the」はカタカナで「ジ」と発音する、

とよく聞きますが、

どう聞いても「ジ」ではないように聞こえます。


興味を持たれましたら、

音声ファイルをお聞きください。

コチラをクリックしてお申し込みください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法(ダウンロード版)

posted by 英究人 at 15:07| 学習経過(音声ファイル活用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

教材の音声ファイルを続けて聞く方法(図解入り補足説明?)

前々回の記事で、

教材の音声ファイルが、

ひょんなことで、

テキストの理解に活用できた、

ということをご報告しました。


ということで、

その後、

この音声ファイルにも

少し手を付けてみました。


以前も、

ご紹介しましたが、

この音声ファイルというのは、

テキストの例文を読んでいる、

アメリカ人、イギリス人、オーストラリア人、

それぞれの音声です。


そして、

以前、ご説明したように、

あなたが、

リスニング、スピーキングを

中心に、

まず学びたい場合は、

この音声ファイルを繰り返し聞いていくのがいいのでは、

ということをオススメしました。


ただ、

あなたが

その音声ファイルで学習を進める場合、

私なりに

こうすればもっと便利かな、

と思える点がありましたので、

不躾ながら、

その方法を

ご紹介したいと思います。


この音声ファイルは、

ダウンロードしたフォルダの中に、

例文ひとつひとつが分けられた、

それぞれ4,5秒の

mpの音声ファイルが入っているという形になります。

具体的に見せます。

このような形になってフォルダの中にファイルが入っています。

画像は、
リスニング版のアメリカ人男性バージョンです。

↓ ↓ ↓

英語音声体験.jpg
(クリックで拡大して見れます)


「リスニング」用の音声の他、

「リピーティング」用の音声などが

入っており、

たとえば、リピーティング用では、

音声の最後に無音部分が入っていて、

その音声を繰り返せる、

という工夫があるようです。

↓ ↓ ↓

英語音声体験.jpg
(クリックで拡大して見れます)

ただし、

Media Playerで再生して聞く形になると思いますが、

例文を次々と続けて聞きたい、

という場合、

ファイルがひとつひとつ分かれている、

ということを聞いて、

何?一つ一つ分けて聞かなきゃならないの?

と思われたかもしれません。

私も、PC初心者でもあり、

最初は、そう思っていて、

一つの音声ファイルを聞いたら、

いったんMedia Playerを終了させるか、

タスクバーでフォルダの表示を再び上に持っていって、

また再生、という具合で、

面倒くさいなぁ、と。

ただ、

もっと手軽に活用できる方法を

自分なりに見つけましたので、

この画像を使って説明しておきたいと思います。

↓ ↓ ↓

英語音声体験.jpg
(クリックで拡大して見れます)

フォルダの中にある

これら、

全ての音声ファイルを

連続して聞きたい、

という場合は、

左のメニューの「全てのファイルを再生」

でフォルダの中の全てのファイルが連続再生されます。

↓ ↓ ↓

音声ファイル.jpg
(クリックで拡大して見れます)

赤矢印、赤丸で囲んだ部分です。

これはOSがXPの場合ですが、
他の場合はできるのか分かりません。

この作業で、全てのファイルを続けて聞けますが、

たとえば、

途中で、前の例文の音声が聞きたくなったり、

途中で止めて、後でその続きから聞きたい、

とか、

複数の特定の音声だけを聞きたい、

という場合、

どうするのか、ということで、

いろいろやり方があると思いますが、

私はこうやって聞いています。

下の図のようにメディアプレーヤーのオリジナル表示サイズを

縮めます。

↓ ↓ ↓

英語音声体験レクチャー.JPG
(クリックで拡大して見れます)

これだと、ファイルが全て表示されたまま、
聞きたいファイルをクリックするだけで
何個も何回も簡単に聞けるという形になります。

ミニモードで再生してもいいのですが、
使い勝手が悪いです。

もちろん、

ここまで読まれて、

Media Playerの設定など、

もっと便利にできる方法があるのに、

と思われたかもしれません。

その場合は、

あなたなりの方法で

英語力をもっと高めるのに、

活用してみてください。

コチラをクリックしてお申し込みください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法(ダウンロード版)

posted by 英究人 at 01:33| 学習経過(音声ファイル活用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

「WWU」ってご存知ですか。

この教材の

私なりの学習開始方法として、

音声ファイルは、

ひとまず置いておいて、

テキストをとにかく読んでみる、

ということで取り掛かりました。


そのテキストの例文の中に

「WWU」という単語がありました。

「WWU」とは、

シミュレーションゲームなどでも

よく見ることも

ありますが、

「第二次世界大戦」のことですね。


それでは、

「WWU」と書かれていたら、

何と読むんだろう?

と気になりました。

「World War」の略だけど「WW」だから

「ダブリューダブリューツーでいいのかな」

とか、

いや

「第二次」だから「セカンド」とか。

(ちなみに先にご紹介した私が使っている「ジーニアス英和辞典」には
略)World War Uとあるだけで何と読むのかは載っていませんでした)

どうしよう・・・

そうだネイティブの音声ファイルがあったんだ

それで、

早速、例文のそこの部分を聞いてみて、

問題が解決しました。

それだけなのですが、

実際の学習経過の上で、

最初は置いておこう、と思っていた、

音声ファイルが思わぬところで役に立った、

ということがあったので、

お伝えしました。

お申し込みはコチラをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法(ダウンロード版)

ラベル:英語 学習 教材
posted by 英究人 at 22:44| 学習経過(音声ファイル活用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。