2010年08月20日

対立から和解?へ 驚く人も多いかも?

今回は、

久しぶりに前置詞について考えてみたいと思います。

コレまで紹介してきた教材で取り上げられている

前置詞

with

についてです。

「with」というと、

まず、

「〜と一緒に」とか「同伴」

という意味を思い浮かべる人が多いかと思います。


実は、

この「with」

語源は、むしろ

そのイメージとは逆の

「対立」

という意味だったのです。

今でも対立の意味で用いられることもあり、

「fight with〜」
「〜と戦う」

というような用いられ方をします。

それではなぜ、

もともとの「対立」の意味から

「同伴」などといった意味合いが生じたのか


ということを考えてみます。

この教材にも、


英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法(ダウンロード版)


もちろん「with」について説明がありますが、


私なりの理屈みたいなものを考えましたので、

書いてみます。

対立している相手との関係を表す状況、

が、

共に一緒にいる、という関係を表すようになるのか、

ということで、

囲碁や将棋、海外ではチェス、

その対戦相手との関係を考えました。

I played chess with him.
私は彼とチェスを対戦した。

もちろんチェスは対戦するという状況の
一例ですが、

対戦している状況、というのは、
常にその対戦相手と一緒にいる状況、
ということになります。

まず「対立」というのは下図のようなイメージです。
ヘタな図でスミマセン。

with始.jpg

それが、
こういうイメージになります。
再びヘタな図でスミマセン

with.jpg

この考察には、

以下の書籍も参考にしました。

西谷昇二「総合英語’93」代々木ゼミナールテキストp313

posted by 英究人 at 15:04| 学習経過(前置詞の研究) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

あなたはどうやって死にますか

いきなり驚かれたと思います・・・

お話しするのは、

前置詞に関することです。

どういえことか、

というのは
最後までお読みになられたら、

お分かりになるかな、
と思います。


前置詞について、

こういうことを習ったことがあると思います。

「die of〜」なら「(病気で)死ぬ」

「die from〜」なら「(怪我で)死ぬ」

で、

病気で死ぬときは「of」、

怪我で死ぬときは「from」なんだ、

と。

それで、

なぜ

別の前置詞「of」と「from」を使うことがあるのか、

ということで、

前置詞「of」と

「from」の説明から、

考え始めてみたい、

ということです。


まず、

「of」については、

以前、この教材の説明を踏まえ、

その語源から

こちらの記事で、

考察したことがありました、

コチラをクリックしてお読みください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
先生、すごいこと言ってます イディオム集なんか無用?

そこでは、

「of」の語源である「分離」の意味を主に考えていました。

もちろん、

その「分離」の意味から、

おなじみの「所属」や「原因」の意味が

発生してくるのですが、

そこで、

なぜ「分離」から「所属」「原因」の意味が生まれたのか、

ということも考えなければならないのでないでしょうか。


そこで、

先の記事でも出した、

「rob〜of―」で「〜から―を盗む」という、

もともとの意味に近い

「分離」の「of」から考えてみたいと思います。

The man robbed him of his money.

その男が彼から金を盗んだ。

「him(he)」と「money」との関係を考えてみると、
もともと「彼の金」なわけです。

また、以前の記事で最初に出した

「be independent of〜」ですが、

He is independent of his parents

彼は両親から独立している

では

「He」と「parents」の関係は?

もともとは「所属していた家族」なわけです。

この「of」を挟んだ名詞の関係を考えると、

こういった方向で、

この「of」のもともとの「分離」の意味が、

「所属」の意味にと変わっていったのかも

知れません。

もっとも、これは私自身の思いつきの考え程度に過ぎませんが、

いかがでしょうか。

さて、

最初のほうの「(病気で)死ぬ」の「of」の話に戻します。

これは「原因」を指すと言われます。

この意味も「分離」から派生したと見られているようです。

それで、

先の意味の派生の過程から、

この「原因」の「of」は考えられないか、

と。

となると、どうなるでしょうか。

He died of cancer.

という文の、

たとえば、

「He」と「cancer」の関係はどうなっているのか?

ということを見て、

こういうことを考えました。

「die」の次に「of」というのは、

内部要因の

原因で、ということではないか、

と。

次に、

「from」のときはどうなの?

ということを考えなければなりません。

「from」についても、

この教材で説明がありますが、

少し紹介しますと

「一定の隔たりのある距離、間隔」

というイメージだそうです。

ここで、

注意したいのは、「from」だけで

よく使う「come」とかと組み合わせてしまい、

「(一定の隔たりのある距離、間隔)から来る」

とイメージしがちなところじゃないかな、

と思います。

「from」のイメージは、

「一定の隔たりのある距離、間隔」までです。

これは、

「come」ではなく、

「keep」を使ってみれば分かりやすいのではないでしょうか。

この「from」のイメージから、

「die from〜」なら、

外部要因の

原因で、

ということではないか、と考えました。

He died from wound.

彼は負傷して(外傷で)死んだ。

He died from the explotion.

彼はその爆発で死んだ。

また、

最近見た例文では、

He died of hunger.

彼は飢え死にした。

で「hunger」(飢え)は内部要因と考えられ、

「of」だということです。


と、

ここまで長々と書いてきましたが、

最近の英語では、

病気、内部要因でも「from」を使うことが多いそうです。

ただ今でも受験には出るかもしれませんね。

また、

交通事故で死んだ、は、

He died in a traffic accident.

あるいは

He was killed in a traffic accident.

と言うそうです。

この「in」についても、

以前、前置詞の説明で考察したことがありますが、

「in a traffic accident」

「交通事故に巻き込まれた中で」というイメージでしょうか。


ともあれ、

「die of〜」なら「(病気で)死ぬ」

「die from〜」なら「(怪我で)死ぬ」

で、

病気で死ぬときは「of」、

怪我で死ぬときは「from」なんだ、

と丸暗記するくらいしか教えられてこなかったなら、

この考察は、

元々の「分離」の「of」からの意味の派生、

という部分も含め、

あなたにとって、

意味があるものになったのではないでしょうか。

英語に対し、

こういう考察が出来るようになる機会を与えてくれる

この教材で学んでみませんか。

コチラをクリックしてお申し込みください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法(ダウンロード版)



ラベル:英語 学習 教材
posted by 英究人 at 15:53| 学習経過(前置詞の研究) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

ちょっと違う時間の「on」

さて、

この教材

↓ ↓ ↓


英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法(ダウンロード版)

の前置詞の説明で、

分かったことについて、

ご紹介します。


前回記事で、

「at」「in」について、

「at」は「ある一点を表す」感じ、

「in」は「〜の中に含まれて」

という感じで、

そこから、

「at」は「in」より狭い、短い、

範囲、期間を表す、

ということを説明したと思います。

それでは、

「on」

はどうなるの?

ということですが、

これも前回記事で書いたように、

onについて、

説明はそれだけじゃないのですが、

「〜にぴったりとくっついて」

という説明をしています。

ここで注意しなければならない、

と考えるのは、

この「on」は、

前の2つの前置詞との比較として、

場所、期間が狭い、短い、という

意味合いとはちょっと違う、

ということです。

ここも、

この教材で強調されている

話し手の意識

というものに注目します。

たとえば、

辞書の説明にありますが、

「at Christmas」は「クリスマスに」、

ですが、

「クリスマス『当日』に」という意味だと、

「on Christmas」となる、

とあります。

もっと分かりやすい例を。

次のイディオムで見てみます。

「in time」だと「(〜するのに)間に合って」

時間内に、というニュアンス

「on time」だと「時間通りに」

ちょうど時間ギリギリに、

というニュアンスです。

以上の語義、説明は、
コチラの辞書からです。



それで、

前回記事で申し上げた、

日記で書いた問題について、

再び考えていこうと思います。

こちらです。


1. He arrived ( ) the morning of February 24.

1.at 2.in 3.on 4.to (適語を選べ)


さて、

答えは「on」ですが、

なぜこうなるのか、

「February 24」に掛かって、

「on February 24」だから

「on」だ、

という考えは正しいでしょうか。
(私も最初、そうかと思っていました)

たとえば、

「at night」は「夜に」

ですが、これが「月の輝く夜に」なら、

「on a moonlit night」となります。

そこで、「時」の「on」について、

こう考えました。

何度も言っている

「ぴったりとくっついて」の意から

特定、限定された日時を指すときは「on」

である、と。

同様に、

「on a fine morning」「ある晴れた日の朝」

「on Monday morning」「月曜日の朝に」

「on Saturday afternoon」「土曜日の午後に」

「on the evening of May 5」「5月5日の夕方に」

と 「in the morning(afternoon,evening)」も、

それが

より限定された日時になると、

「on」になります。


どうでしょうか。

これは、

この教材の前置詞の理解と、

そして

この教材の核心部分である

「話し手の意識」を理解する、

という姿勢から、

至った考察です。

もし、

なるほどと思われた部分、

理解できた部分があれば、

この教材で学んでみるのはいかがでしょうか。

お申し込みはコチラをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法(ダウンロード版)

posted by 英究人 at 14:41| 学習経過(前置詞の研究) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

分かりにくい?「at」「on」「in」

それでは、

「前置詞」での学習について、

経過を書いていこうと思います。

前回の前置詞の記事では、

教材の内容を踏まえ、

「of」について触れてきました。

コチラをクリックしてお読みください
↓ ↓ ↓
先生、すごいこと言ってます イディオム集なんか無用?


そして、

次は、

「at」「on」「in」について考えていこうと思います。

なぜ、

この3つの前置詞なのか、

ということですが、

いずれも、

「場所・時間」を表す前置詞です。

そして、

前回記事の日記でも書いたように、

「時間」にしても「場所」にしても、

この3つの前置詞で、

どの前置詞を使うのか、

ということが分かりにくい、

と思っていました。


なぜ、

分かりにくいのか、

ということですが、

私なりの考えでひとつ、

この3つの前置詞は、

「場所」にしても「時間」にしても、

同じ日本語で「〜に」と、

訳されることが多い、

ということか大きいのではないでしょうか。

違いとして分かりやすいのは、

「in」

ではないでしょうか。

教材の説明でも、

実際はもっと詳しい説明ですが、

「〜の中にしっかり含まれて」

という説明があります。

そこから、

場所では「〜(の中)」に、

時間では「〜(の期間中)に」

という理解が出来ます。

次に

「at」は

「ある一点を指す」上での

「〜に」

ということで、

「in」より、やや狭い感じ、

という説明です。

最後の

「on」ですが

これは「〜にぴったりとくっついて」

という説明で、

場所なら、

「ぴったりくっついて〜の上に」

時なら、

「ぴったりその時に」

というイメージの、

「〜に」という意味になるということです。


この教材の説明から、

3つの前置詞の違いが少しは分かってきました。

前の日記の記事の問題についても解決しました。

そのことは、後の記事に書こうと思っています。


詳しい説明を見たい、のなら、

この教材に触れてみてください。

お申し込みはコチラをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法(ダウンロード版)

posted by 英究人 at 23:21| 学習経過(前置詞の研究) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

先生、すごいこと言ってます イディオム集なんか無用?

この教材

「英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法」

↓ ↓ ↓


英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法(ダウンロード版)

の著者の先生は、

既存の英語教育、勉強法に対し、

常識を覆すようなこと、



教材の中でいろいろ言っている、

ということは、

これまで何度も

ご紹介してきました。


今回も、

教材の中で、

「えっ、こんなこと言っちゃっていいの?」

と思った部分がありますので、

ご紹介します。


この教材で学習を始めて、

「実践トレーニング編」を

読み進めていくと、

「イディオム集を焼き捨てろ!」

という見出しがあります。

↓ ↓ ↓


英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法(ダウンロード版)

どういう意味?

と少し考えましたが、

その部分が何について書かれているのか

把握して、

分かりました。

その部分とは、

前置詞についての説明です。

つまり、こういう意味だと思います。

前置詞についてしっかり理解すれば、

イディオム集で暗記する必要は無い、


ということです。

ただ、

これはいささか言いすぎではないか、とも。
(赤坂先生スミマセン)

言葉には例外というものがありますから、

暗記するしかないものも、あるのだろう、

とは思います。

ただ、

今世に出ているイディオム(熟語、慣用句)集を、

暗記する必要は無い、


というのは、

教材を読めば理解できるところがありました。

それで、

私にとって

「ああ、なるほど」

と思ったところを

ご紹介します。


イディオムと前置詞、

ということで、

私が一番印象に残っているのは、

「be independent of〜」「〜から独立している」

というものです。

ここで気になるのは、

やはり、

なぜ「of」なのか、

「of」って「所有」じゃないの?

という点ではないでしょうか。

そして、

「be independent ( )」で

( )内に適切な語句を入れよ。

という問題もあるのかも知れません。


なぜ「of」なのかな?

これは「所有」の「of」とは違う「of」として、

割り切って覚えなきゃならないのか?


とかいうことを聞いていて、

いやいや「of」には「分離」の意味もあるんだよ(笑)

と答えられたかも知れません。


しかし、

厳密に言えば

これも間違っている

らしいです。

もともと「〜から離れて」の意味だった、

というのが正しい


のだそうです。

教材には詳しいことが書いてあります。

前置詞「of」について、

この

もともとの意味である「分離」の意味が残っている、

ということを踏まえて、

最初の「be independent of」

の他、

「free of 〜」「〜(税金などが)免除されている」

「rob―of〜」「―から〜を盗む」

「cure―of〜」「(医者などが)―<人>の〜を治療で取り除く」

というイディオムを見ると、

ただの丸暗記と比べ、

理解が違いませんか?


以上のことだけでも、

あなたが、

興味をもたれた点、

ご存知でない点が、

もしあったとすれば、

この教材で学ぶ意味はあるのではないでしょうか。

お申し込みはコチラをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法(ダウンロード版)

posted by 英究人 at 12:43| 学習経過(前置詞の研究) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。