2010年06月07日

使っている辞書のご紹介

この教材で学んでいますが、

私が、
併用して使っている辞書についてご紹介しておきます。

まずは、

今まで何度か引用して、
利用している
こちらの辞書

おなじみの

「ジーニアス英和辞典」

です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓



これまでの記事をお読みになられれば、

分かるかも知れませんが、

語源から今の意味までの派生までの説明、

用例、例文が充実している、

素晴らしい辞書だと私には思います。


さて、

それに加え、

この教材、

英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法

↓ ↓ ↓

英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法(ダウンロード版)

の一つの特徴である、

語源から考える、

ということで、

さらに手に入れたい、

と思ったのが

語源専門の辞書です。


それで購入したのが、

こちらの辞書です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓



この辞書のいいと思ったことは・・・

字が大きいことです。

いや、本当です。

それ以外、

肝心の語源の説明についてですが

「語源」についてはいろいろ記してありますが

「原義」についての説明が少ないのが

私には不満でした。

たとえば、

ある単語について、

「古ノルド語では○○、ラテン語では○○、ゲルマン祖語では○○」
とアルファベットで羅列してあっても、
それが何の意味なのか、分からなければ、
どうしようもならない、
と思いませんか?

また、あまり意味のあるとは思えない、
コンテンツや挿絵が多いような気がしました。
そんなもの入れるのなら、
もっと単語の説明を充実させろよ、と。

「ジーニアス英和辞典」と同じ、
大修館の辞書なのですが、

その原義の理解でも、

「ジーニアス英和辞典」のほうが役に立つ、

と思います。

posted by 英究人 at 20:04| 学習経過(辞書の吟味) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。