2010年07月02日

なぜ受動態では過去分詞

これまで、

分詞の基本的な働きの「発見」

↓ ↓ ↓

あなたはMだと思いますか

から、

現在分詞について、

そして、次に過去分詞を使った

受動態を考えてきました。


そこで、

過去分詞について、

このブログの特長である、

英語のなぜ?

というところから、

根本的な視点で考えてみたいと思います。

その問題とは、

なぜ受動態では

この過去分詞が用いられるのか、

という点です。


たとえば、

You will be killed by him.

物騒な例文ですが、

「過去分詞」を使った受動態です。

しかし、

過去分詞を用いているのに、

あなたは彼によって殺されるでしょう。

と、

「あなた」は、まだ殺されてはいない段階です。

そこで、

未来形の受動態がある、

という点から、

考えたことがあります。


過去分詞は、「過去」分詞という名前だけど、

それ自体は過去という意味は持たないのではないか、

と。


そこで考えたのは、

過去分詞というのは、

受身という状態は表すが、

過去などの時制とは関係ない
のではないか、

ということです。

過去分詞に限らず、

分詞には、

いわゆる時制としての現在、過去とは関係がない。

というのは、

「ロイヤル英文法」という文法参考書

↓ ↓ ↓






「分詞」の項の

最初のところにも、

書いてあることです。


また、文法用語で「態」とありますが、

受動「態」の場合、

過去分詞が表す「状態」、

ということでも、

そういう方向で考えたほうがいいのかな、

と。

受動態では

過去分詞は受身の状態を表し、

時制を表すのは、

前のbe動詞、


という考え方が、

いいのではないでしょうか。


それでは、

自動詞の過去分詞は、

受身の意味は無いのではないか、
(自動詞は目的語を取らないからそれを受身にできないわけです)

完了形の過去分詞はどういう意味、

ということもあるかと思いますが、

それも、

余裕があれば、

後に考えていこうと思います。

posted by 英究人 at 21:49| 学習経過(過去分詞) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。