2010年06月13日

あなたはMだと思いますか

件名の意味は、お読みになっていかれれば、

お分かりになると思いますが、

前回記事に引き続き、現在分詞というものについて、

考えていこう、ということです。

「〜ing」形の現在分詞、

主に「〜ed」形の過去分詞、

という「分詞」というものについて、

今、よく理解できないとすれば、

その理由は何でしょうか。

「〜ing」といえば、

まず現在進行形というもので習うと思います。

それから「be going to〜」というイディオムを

習うでしょうか。

それから高校あたりで「現在分詞」という名前を習い、

同時に主に「〜ed」形の「過去分詞」という名前も習う。

しかし「〜ing」形といえば、

同じ「動名詞」というものが出てきて、

それから分詞構文やら、

過去分詞なら、

形が同じものが多い過去形との見分け、

それに「仮定法」なるものが絡んできて、

よけい混乱する、

実は、これは私自身の経験ですが、

あなたはどうでしょうか?


このへんも学校の英語教育の問題だと思うのですが、

そうは思いませんか。

本来なら、

今まで言ってきたような分詞の用い方について

教えるのは、

英語についての知識を統合する意図があるのでしょうが、

実際は混乱を招くだけ、

なのではないか、と思います。

それでは、

まず

「分詞」というものは何か?

ということから始めます。

「分詞」とは何か?

調べてみると、

動詞が形容詞化したもの

です。

つまり分詞とは、

英語を話す人の言語感覚としては

形容詞として用いられるもの、


なんです。

ご存知でしたか。

まず、ここの「原点」からおさえて、

つまり分詞というものの性質を理解して、

分詞というものを学んでいかなければならない、

と思うのですが、

学校英語では

先ほど言ったように、

なにやら「〜ing」のついた文章がいきなり出てきて、

ずいぶん後から、

分詞(現在分詞・過去分詞)という言葉を教わり

・・・

って感じて、

逆だと思うのですが。


まずおさえておきたいと思います。

分詞とは「形容詞」として用いられるもの、

と。

分詞ということなら、

「〜ing」の形の現在分詞と同じく、

主に「〜ed」形の過去分詞も一緒に扱わなければならない、

と思いますが、

今学んでいる教材の関係もあり、

ここでは、まず主に「〜ing」の現在分詞を考えていこうと思います。

それで、

前回記事の文です。

She came smiling.

この「smiling」が現在分詞です。

それで、この文の構造はどうなっているのか、

ということではどうでしょう。

「She」が「主語(S)」「came」が「動詞(V)」で

S+V・・・

じゃあ「smiling」は?

何なのでしょう?

最初、

修飾語だと思っていました。

修飾語(Modifier)は「M」で、

S+V+M形って、

「ジーニアス英和辞典」の文型表示でも、よく見るし、

と。

しかし、

S+V+M形だと、

「M」は「副詞的修飾語(句)」とあります。

「副詞的」とは動詞、上の文の場合「come(came)」を

修飾することになります。

たとえば

He runs fast.(「fast」は副詞)

彼は速く走る。

で「fast」は「run」を修飾する、

という形のことです。

これでいいのでしょうか?

それで、

「ジーニアス英和辞典」の「come」の項

を調べてみると、

上の文は

「S+V〜ing」の形とあります。

これは「S+V+M」形とはどう違うのか?


たしかに

She came smiling.

日本語で、

「笑いながらやって来た」

「come」を修飾しているように見えます。

しかし、

前回記事での考察の通り、

上の文は、

She came.



She is smiling.



2つの動作が並行して行なわれている様子を

表している、

ものであり、

そうすると、

この「smiling」は

主語「She」を修飾しているようにも見えます。

でも、

「She is smiling.」

って

「She=smiling」じゃないんじゃね?

たとえば、

「He is a boy.」

なら

「He=a boy」だけどさ、

という疑問も出るかも知れませんね。


それで、

まずは先に言った「原点」に戻ってみましょう。

分詞とは形容詞として用いられるもの、

です。

その

He is a boy.

は、

「He」と「boy」という同じ(代)名詞ということで、

「He=boy」という構図が分かりやすいですが、

英語では、

形容詞、

「〜という状態で」というのを表す言葉も、

主語と、

この「イコール」の構図で考えられます。

よく聞かれる「第2文型」と言われるもの、

I am fine.



「I」=「fine」の構図が成り立ちます。


さて、

She came smiling.

の中の要素の文、

She is smiling.

お忘れでしょうか。

これ「現在進行形」と言われているやつですね。

この現在進行形の「〜ing」は現在分詞です。

そして

「主語」=「〜している状態」

という構図が成り立つとも見ることが出来ます。

そして、

前回記事の、

(分かりにくい)文法説明、

というところで、

この「smiling」は

現在分詞で、主格補語である、

という説明がある、

と言いました。

となると、

第2文型の「S+V+C」

「C」は補語なので、

She came smiling.

「She」が主語S、「came」が動詞V、「smiling」が補語C、

なのか、

ということも考えられます。

ただし、

補語の「C」は「complement」、

元々の意味から考えると、

「不完全なものを完全にする」

という役割だと考えます。

それでは上の文は、

She came.

彼女はやって来た。

というので一応完成された文にもなります。
(第1文型というやつですね)

それで、

はっきり、
補語「C」と決めていいのか、

という疑問があります。

それで、

先の「ジーニアス英和辞典」ではどういう説明しているかというと、

「S+V+〜ing」型として、

同じ第1文型でも

最初の頃に言った、

「S+V+M(副詞的修飾語)」とは違うグループ

単純に「S+V」のグループに入れられています。


「S+V+M(副詞的修飾語)」とは違うグループ

というのは、

何度も言っている

「原点」の

分詞とは形容詞として用いられるもの、

という点からも妥当でしょう。

形容詞、と考えると「副詞的修飾語」というのは、

おかしい、ということになります。


しかし、

今まで考えてきたことや、

現在分詞を形容詞と見ること、

から、

この

「S+V+〜ing」

は、「S+V+C」の第2文型に近い形とも見れる、

ただ、

第2文型を作る動詞、

つまり「イコール」の関係でつなげる動詞と言われる、

先ほどの「is」などとは違い、

「come」などという、

動作をしていることを表す動詞を使うことがある、

そして、

2つの動作(あるいは状態)が並行しているのを表している文、

と考えると、

第2文型より、むしろ、

表現は適当かどうか分かりませんが、

進化したような文の感じがします。


何度か、

第○文型、と書いてきましたが、

今、学んでいる教材で、

著者の先生は、

第○文型、という考えは不要、

と言っています。

それに従い、

「S+V+〜ing」の形で

2つの動作(あるいは状態)が並行しているのを表している文、

で使われている現在分詞について考察しました。

posted by 英究人 at 06:33| Comment(0) | 学習経過(現在分詞) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

ようやく教材の基本的事項へ

これまでは、

この教材をざっと読んでみて、

あるいはテキストだけではなく音声ファイルも

聞いてみることをして、

気付いたこと、

考えたこと、

そして、

主に、

私の、これまでの英語に関する疑問について、

記憶を呼び起こしたりもしながら、

書いてきて、

ご紹介してきました。


いよいよ、

テキストの売りだと思われる、

「例文」の部分を

もっと突っ込んで、

考え、ご紹介していこうと思います。


まず、

最初の、1番目の例文についてです。

もちろん例文をそのまま書くわけにはいけないですが、

こういう構造の文だと思います。

She came smiling.

詳しくは後で説明しますが、

最初、

教材のこういうような形の文を見た時、

これで、

現在分詞について考える意図があるものだ、

と思っていました。


しかし、

実は、

これは教材の中の

例文の「基本」ジャンルに当たるもので、

これは、

教材の例文の部分の前に書かれている、

このブログでも紹介した、

前置詞の説明の、

さらに前の部分にある、

動詞の説明のところを理解した上で、

読まなければいけないところ、

だと気付き、

冒頭に言ったように、

今まで教材にザット目を通して、

気になるところしかしっかり読んでなかったので、

その動詞の部分を

前に戻ってしっかり読まなきゃな、

とも思っているところです。


ですから、

この教材を申し込んだ後は、

(本来は、当然のことですが)

例文より前に書いてある

この動詞の説明を先に読んでください。

コチラをクリックしてお申し込みください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法(ダウンロード版)


しかし、

まず、

先の文を

私なりに考えてみたいと思います。

She came smiling.

彼女は笑いながらやってきた。

この文を見て、

ウン?と思われたことありませんか。

アレ、この「come 〜ing」って何?

教材に、

この形の文で分かりにくい点とは、

ということで、

端的に書いてありますが、

動詞が2つ続いている?

どういうことなの?

という点だと思います。

文法的な説明では、
この「smiling」は現在分詞で、
主格補語である・・・

というようなことになるかと思いますが、

余計、ウーンとなるかも知れません。

まず考えなければならないのは、

上の文は、

彼女のどういう行動を示しているものなのか

ということです。

教材の説明に従った

私なりの理解によれば、


She came.

She was smiling.

「come」「やって来る」

「smile」「微笑む」

という同じ人間による2つの行動

示されていて、

「彼女は微笑みながらやって来た」

ということになります。

しかし、

同じ人間の2つの行為を指し、

「○○が〜しながら―した」

という場合、

必ず、

「○○(S)+―(V)+〜ing」という形で表せるのでしょうか。

手軽に試せる方法として、

先の例文を逆転させて見ましょう。

She smiled coming.

・・・何かヘンですね。

彼女はやって来ながら笑った

???

おそらくこういう文章は成り立たないと思います。

どういうことか、

「came」という動詞の持つ意味合いに、

ヒントがあるのでは、

と思いました。

She came.

She is smiling.

同じ人間の2つの動作が平行して行なわれている、

様子を示しているのに、

一方が過去形、一方が現在進行形です。

She was coming.

ではありません。

そこで考えました。

動詞を進行形にしなくとも、

もう一方の

動作の継続と並行する、

動作、状態を表せる場合には、

この「動詞+〜ing」の形で表せる


のでは、

と。

ただ、

ここで「come」を使ったのは、

教材の例文との関係で、

教材の理解が深まるかな、

と思ったからですが、

もっと分かりやすい動詞の例で見てみます。

We sat talking.

satはsitの過去です。

私たちは座りながら話をしていた。


I lay singing.

layはlieの過去形。

私は寝そべって歌を歌っていた。


ここでは教材例文試論ということで、

教材の最初の例文は

「動詞+〜ing」という、

動詞の後に、またすぐ動詞が続いているように見える

分かりにくい文である。

それを理解するのに、

私なりに考えてきたこと、

を書いてきました。

もちろん、

私なりの考えで、

教材の著者の先生の方向性とはちょっと違う、

間違っているところもあるかも知れない、

のですが、

この説明を読んだら、

少なくとも、

実際の教材の最初の例文を読んだとき、

それを絶対に忘れなくなるだろう、

という自負はあります。

お申し込みはコチラをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法(ダウンロード版)

posted by 英究人 at 05:50| 学習経過(教材例文試論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

使っている辞書のご紹介

この教材で学んでいますが、

私が、
併用して使っている辞書についてご紹介しておきます。

まずは、

今まで何度か引用して、
利用している
こちらの辞書

おなじみの

「ジーニアス英和辞典」

です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓



これまでの記事をお読みになられれば、

分かるかも知れませんが、

語源から今の意味までの派生までの説明、

用例、例文が充実している、

素晴らしい辞書だと私には思います。


さて、

それに加え、

この教材、

英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法

↓ ↓ ↓

英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法(ダウンロード版)

の一つの特徴である、

語源から考える、

ということで、

さらに手に入れたい、

と思ったのが

語源専門の辞書です。


それで購入したのが、

こちらの辞書です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓



この辞書のいいと思ったことは・・・

字が大きいことです。

いや、本当です。

それ以外、

肝心の語源の説明についてですが

「語源」についてはいろいろ記してありますが

「原義」についての説明が少ないのが

私には不満でした。

たとえば、

ある単語について、

「古ノルド語では○○、ラテン語では○○、ゲルマン祖語では○○」
とアルファベットで羅列してあっても、
それが何の意味なのか、分からなければ、
どうしようもならない、
と思いませんか?

また、あまり意味のあるとは思えない、
コンテンツや挿絵が多いような気がしました。
そんなもの入れるのなら、
もっと単語の説明を充実させろよ、と。

「ジーニアス英和辞典」と同じ、
大修館の辞書なのですが、

その原義の理解でも、

「ジーニアス英和辞典」のほうが役に立つ、

と思います。

posted by 英究人 at 20:04| 学習経過(辞書の吟味) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。