2010年06月06日

イムさん?

この教材を購入し、

テキストだけではなく、

音声ファイルのほうも、

最初は意図することなかったのですが、

何度か聞くようになりました。


その中で、

気付いたことを

今日も、また一つ。

音声ファイルの中で、

発音されている例文の一つですが、

「ウィー エクテッド イム チェアマン」 

こういうふうに聞こえます。

「イム」?

「我々はイムさんを議長に選んだ」?

韓国の人で「林」で「イムさん」だったでしょうか。


もちろん、

そうではなく、

この「イム」は「ヒム」「him」なわけです。


つまり「him」のを発音していない、
ように聞こえる、

ということです。

それで

考えたいのは、

英語における「h」の発音についてです。

を発音しない、

ということでは、

完全に発音しない、

ということで、

よく知られているものがありますよね。

たとえば「honest」は「h」を発音しない、

それで「アネスト」になるから、

「a」も「an」になり、

「an honest man」となる、

みたいな。

実は、

冒頭の

「him」が「イム」と聞こえる、

というのは、

ずいぶん前、

「イングリッシュ・アドベンチャー」という英語教材
(挫折してしまいましたが)

に手をつけたとき、

気付いたことでしたが、忘れていました。

今回、

この教材の音声ファイルを聞いて、

思い出したワケです。


さて、

それでは、

なぜ英語ではを発音しないことがあるのか、

という問題になります。

今考えると、

当然の疑問なのですが、

学校でそういう質問をして、

答えてもらった、

という経験はありますか。

大学に入って、

フランス語の講義を取ったことがありますが、

フランス語では「h(アッシュ)」を発音しない、

というのを知りました。

「history」は「histoire(イストワール)」です。

それで、

フランス人が英語で

「I am hungry.(私はお腹が空いた)」

と言う時、

「アイ アム アングリー(私は怒っている)」

となって誤解されるときもあるのかな、

みたいなことを思ったことがありました。


それはさておき、

フランス語でを発音しない、

ということで、

英語でもを発音しないのは、

このフランス語の影響か、

と最初は思いました。

たしか歴史的に、

英語圏(イングランド)がフランス語圏の影響下にあった時も

あったとか聞くし、

と。

しかし、

調べてみると、英語でを発音しないのは、

このこととは関係ないようです。

それでは、どういうことか、

というと、

どうやら

ヨーロッパ言語はを発音しない傾向がある、

ということらしいです。

言語によって傾向が強い、弱い、がありますが、

先のフランス語の他、イタリア語、スペイン語
(俗ラテン語・ロマンス語系統と呼ばれる言語)

というのはは、ほとんど発音しないようです。


さて、

「him」を「イム」と発音する件に話を戻します。

これについて、

それじゃあ、もしかして、

「he」は「イー」、「his」は「イズ」

と発音することがあるのか?

ということで、

こちらの辞書



で調べてみたら、

ホント、そうなのだそうです。

弱い発音のときは、「イー」「イズ」「イム」という
発音もあるようです。

この教材は、

テキストのみならず、

音声ファイルを聞いても、

こういう、

気付くことが多いです。

たとえば母音の前の「the」はカタカナで「ジ」と発音する、

とよく聞きますが、

どう聞いても「ジ」ではないように聞こえます。


興味を持たれましたら、

音声ファイルをお聞きください。

コチラをクリックしてお申し込みください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法(ダウンロード版)

posted by 英究人 at 15:07| 学習経過(音声ファイル活用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

あなたはどうやって死にますか

いきなり驚かれたと思います・・・

お話しするのは、

前置詞に関することです。

どういえことか、

というのは
最後までお読みになられたら、

お分かりになるかな、
と思います。


前置詞について、

こういうことを習ったことがあると思います。

「die of〜」なら「(病気で)死ぬ」

「die from〜」なら「(怪我で)死ぬ」

で、

病気で死ぬときは「of」、

怪我で死ぬときは「from」なんだ、

と。

それで、

なぜ

別の前置詞「of」と「from」を使うことがあるのか、

ということで、

前置詞「of」と

「from」の説明から、

考え始めてみたい、

ということです。


まず、

「of」については、

以前、この教材の説明を踏まえ、

その語源から

こちらの記事で、

考察したことがありました、

コチラをクリックしてお読みください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
先生、すごいこと言ってます イディオム集なんか無用?

そこでは、

「of」の語源である「分離」の意味を主に考えていました。

もちろん、

その「分離」の意味から、

おなじみの「所属」や「原因」の意味が

発生してくるのですが、

そこで、

なぜ「分離」から「所属」「原因」の意味が生まれたのか、

ということも考えなければならないのでないでしょうか。


そこで、

先の記事でも出した、

「rob〜of―」で「〜から―を盗む」という、

もともとの意味に近い

「分離」の「of」から考えてみたいと思います。

The man robbed him of his money.

その男が彼から金を盗んだ。

「him(he)」と「money」との関係を考えてみると、
もともと「彼の金」なわけです。

また、以前の記事で最初に出した

「be independent of〜」ですが、

He is independent of his parents

彼は両親から独立している

では

「He」と「parents」の関係は?

もともとは「所属していた家族」なわけです。

この「of」を挟んだ名詞の関係を考えると、

こういった方向で、

この「of」のもともとの「分離」の意味が、

「所属」の意味にと変わっていったのかも

知れません。

もっとも、これは私自身の思いつきの考え程度に過ぎませんが、

いかがでしょうか。

さて、

最初のほうの「(病気で)死ぬ」の「of」の話に戻します。

これは「原因」を指すと言われます。

この意味も「分離」から派生したと見られているようです。

それで、

先の意味の派生の過程から、

この「原因」の「of」は考えられないか、

と。

となると、どうなるでしょうか。

He died of cancer.

という文の、

たとえば、

「He」と「cancer」の関係はどうなっているのか?

ということを見て、

こういうことを考えました。

「die」の次に「of」というのは、

内部要因の

原因で、ということではないか、

と。

次に、

「from」のときはどうなの?

ということを考えなければなりません。

「from」についても、

この教材で説明がありますが、

少し紹介しますと

「一定の隔たりのある距離、間隔」

というイメージだそうです。

ここで、

注意したいのは、「from」だけで

よく使う「come」とかと組み合わせてしまい、

「(一定の隔たりのある距離、間隔)から来る」

とイメージしがちなところじゃないかな、

と思います。

「from」のイメージは、

「一定の隔たりのある距離、間隔」までです。

これは、

「come」ではなく、

「keep」を使ってみれば分かりやすいのではないでしょうか。

この「from」のイメージから、

「die from〜」なら、

外部要因の

原因で、

ということではないか、と考えました。

He died from wound.

彼は負傷して(外傷で)死んだ。

He died from the explotion.

彼はその爆発で死んだ。

また、

最近見た例文では、

He died of hunger.

彼は飢え死にした。

で「hunger」(飢え)は内部要因と考えられ、

「of」だということです。


と、

ここまで長々と書いてきましたが、

最近の英語では、

病気、内部要因でも「from」を使うことが多いそうです。

ただ今でも受験には出るかもしれませんね。

また、

交通事故で死んだ、は、

He died in a traffic accident.

あるいは

He was killed in a traffic accident.

と言うそうです。

この「in」についても、

以前、前置詞の説明で考察したことがありますが、

「in a traffic accident」

「交通事故に巻き込まれた中で」というイメージでしょうか。


ともあれ、

「die of〜」なら「(病気で)死ぬ」

「die from〜」なら「(怪我で)死ぬ」

で、

病気で死ぬときは「of」、

怪我で死ぬときは「from」なんだ、

と丸暗記するくらいしか教えられてこなかったなら、

この考察は、

元々の「分離」の「of」からの意味の派生、

という部分も含め、

あなたにとって、

意味があるものになったのではないでしょうか。

英語に対し、

こういう考察が出来るようになる機会を与えてくれる

この教材で学んでみませんか。

コチラをクリックしてお申し込みください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法(ダウンロード版)



ラベル:英語 学習 教材
posted by 英究人 at 15:53| 学習経過(前置詞の研究) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

「受動態」に関するこんな疑問 やっぱり目のつけどころが違う 

引き続き、

この教材

「英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法」

↓ ↓ ↓


英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法(ダウンロード版)

の中の

「前置詞」についての説明のところの

学習経過を書いていこうと思ったのですが、

その前置詞の説明の中で、

目を引く説明がありました。

それは、

前置詞「by」についての説明のところです。

この「by」というのは、

「受動態」で使われる前置詞ですね。

「〜に」「〜によって」で「by〜」です。


ところで、

受動態では、この前置詞「by」が、

なぜ使われるのか?


ということを

あなたは考えたことがありますか。


受動態について、

「by」以下が省略される文
(これは教材テキストの例文の部分でも
詳しい説明があります)

とか、

受動態でも、
「by」以外の助動詞を使うケース、
(人によっては、これは受動態と見なさない、
という見方もあるそうですが)

という説明は、

よく見たことはあるのですが、

では、

そもそも、

受動態では通例、

なぜ「by」が使われているのか、

という説明は見たことはありませんでした。


この教材の著者の先生は、

教材の中で、

英語の学習に関し、

いろいろ驚かせることを言っている、

というのは、

これまで、ご紹介してきた通りですが、

これも、

違う(といっても普通気付きそうだけど気付かない)

視点を持っているなぁ、

と感じた点です。


この点に関しても、

これまで同様、

考えていこうとは思いますが、

なぜか、を知りたいのなら、

まず、

この教材に触れてください。

コチラをクリックしてお申し込みください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法(ダウンロード版)






posted by 英究人 at 10:10| 学習経過 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。